このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

城ヶ島~前篇

記事Apr. 8th, 2020
Feb. 8th, 2020
三浦半島の南端にある風光明媚な城ケ島を訪れました。城ヶ島の東側をめぐります。
横画面での閲覧がおすすめです。
横画面での閲覧がおすすめです。

城ヶ島は神奈川県の三浦半島の南端、沖合約500mに浮かぶ島です。景勝地として名高く、鎌倉時代には源頼朝が度々訪れたと伝えられるなど、古くから観光地として知られています。

そんな城ヶ島を訪れました。

01

メモ本土の三崎から城ヶ島大橋を渡ると城ケ島です。城ヶ島には車で渡ることができます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

02

メモ城ケ島公園の駐車場につきました。有料の駐車場ですが1度駐車料金を払えば島内に6か所ある公共駐車場が同日何度でも利用できます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

03

メモ城ヶ島公園の看板。城ヶ島はウミウの繁殖地として知られます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

04

メモ駐車場周辺の様子。公園事務所と案内所があります。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

05

メモ城ヶ島公園に入っていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

06

メモ水仙が見頃です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

07

メモしばらくすると左側が開け、うみのね広場に出ます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

08

メモ海の向こう側は三浦半島です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

09

メモ右側には展望台が見えてきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

10

メモ第二展望台です。上っていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

11

メモ第二展望台の上からの景色。こちらは北西側。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

12

メモ遠くにはかすかに富士山が見えます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

13

メモ今まで歩いてきた道を見下ろします。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

14

メモ北側は三浦半島です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

15

メモこちらは東側。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

16

メモ第二展望台から降りて近くにある階段を降りていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

17

メモ急な階段を降りていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

18

メモ階段の下は岩場になっています。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

19

メモ左側は岩場が広がります。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

20

メモ右側は崖です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

21

メモ波風に浸食された城ヶ島南側の海岸。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

22

メモ岩が侵食されて空洞ができています。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

23

メモ遠くには城ケ島の名所である馬の背洞門が見えます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

24

メモ降りてきた階段を再び上ります。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

25

メモ再び島の東側へ進んでいきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

26

メモしばらくすると右側に東屋が見えます。一見すると普通の東屋ですが、階段があって屋上が展望台になっています。第一展望台です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

27

メモ第一展望台に上ります。海面からの高さは34.7mです。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

28

メモ第一展望台から見た東側の景色。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

29

メモ灯台が建設中です。新しい安房埼灯台です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

30

メモ遠くに見えるのは城ケ島の東端に建つ現在の安房埼灯台です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

31

メモ海の向こうには三浦半島に建つ剱埼灯台が見えます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

32

メモ安房埼灯台と周りに広がる岩場。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

33

メモ西側には富士山が見えます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

34

メモ第一展望台から降ります。ピクニック広場です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

35

メモピクニック広場にある階段から降りていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

36

メモ急な階段です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

37

メモ階段を降りると岩場が広がっていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

38

メモ安房埼灯台へ歩いていきます。地層が浮き上がった特徴的な岩場です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

39

メモ安房埼灯台が見えてきました。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

40

メモ急峻な岩場です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

41

メモ灯台のケーブルを埋めた跡があるのでこの上を歩いていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

42

メモ城ヶ島の東端、安房埼灯台です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

43

メモ1962年2月に初点灯した高さ11mの小規模な灯台です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

44

メモ三浦半島の南側の海岸を望みます。 日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

45

メモ城ヶ島の東端の岩場。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

46

メモ安房埼灯台から城ケ島を望みます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

47

メモ来た道を再び戻っていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

48

メモ岩場には釣り人が多いです。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

49

メモ降りてきた階段をまた上ります。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

50

メモ駐車場の方へ戻っていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

51

メモ駐車場の横の歩道を歩いていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

52

メモ水仙がきれいです。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

53

メモしばらくするとウミウのオブジェがあります。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

54

メモオブジェのところから分かれる遊歩道へ入っていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

55

メモ遊歩道を歩いていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

56

メモ左側が開けて海が見えます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

57

メモウミウ展望台です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

58

メモウミウ展望台からの景色。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

59

メモ城ヶ島はウミウの繁殖地として知られ、秋から春にかけて数千羽が渡来します。ウミウ展望台から見える崖はウミウの営巣地になっています。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

60

メモ再び遊歩道を進んでいきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

61

メモ再び海が見えます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

62

メモ海辺へ降りていく急な階段。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

63

メモ眼下は波が打ち付ける岩場です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

64

メモこの下は馬の背洞門です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

65

メモ西側にも広い岩場が広がります。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

66

メモ遠くには富士山。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

67

メモ階段を降りていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

68

メモ馬の背洞門の周りの岩場。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

69

メモ馬の背洞門です。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

70

メモ波風に侵食されて高さ8mの岩に穴が開いています。昔は上に上ることができたようですが現在は崩落の危険があるので近づくことはできません。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

71

メモ左側にも小さな穴が開いていて向こう側の海が見えます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

72

メモ西側に広がる広大な岩場。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

73

メモ遊歩道を戻っていきます。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

74

メモ駐車場へ戻ってきました。車に戻ります。
日付2020.2.8 場所神奈川,三浦市

次は城ヶ島の西側をめぐります。

一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク